ノートパソコンの冷却方法

ノートパソコンはデスクトップと違って通気性が悪いため、夏場などの暑い季節は地獄です。あっという間に80度オーバーしてしまったりします。このまま放置しておけばパソコンの寿命を縮めるばかり・・・。そこで、ノートパソコン愛用者は熱暴走を避けるためにしっかり冷却してあげなければなりません。そこでいくつかノートPCの温度を下げる方法を紹介します。

■部屋の温度を下げる
基本的なことですが、部屋の温度が高いほどノートPCの放熱効果が低下するので、CPUの温度が下がりにくくなり熱暴走を起こします。節電も大切ですがパソコンを守ってあげたいですよね。

■冷却板、冷却シート、クーリングファンを使用する
これらは、ノートPC本体のファンの手助けをするアイテムです。

・冷却板
ノートパソコンの下に敷くだけで一番手軽なアイテムです。ただ、長時間の使用は熱がこもりやすくなるので、予備としてもう1枚用意しておくといいです。

・冷却シート
手軽な価格なのが魅力なのがシートタイプです。しかし、一時的なものなので冷却効果は低め。これも数枚用意しておくなどの対策が必要です。

・クーリングファン
外付けファンで強制的にパソコンを冷却します。上記2つに比べて一番効果がありますが、ファンの音や電源が必要なため少しコストがかかります。

■ファンを掃除する
デスクトップ同様ノートPCにもほこりがファンの中にたまってしまいます。ほこりがファンに絡みつくと、冷却効果を低下させるかのうせいがあるので、定期的にエアーダスターなどでファンを綺麗にしてあげてください。

実は温度が上昇して性能が落ちるのはパソコンだけではありません。ルーターも同様です。ルーターの温度が上がり過ぎると動作不良を起こし、回線の速度が著しく下がります。ソフトバンク制限速度に苦しめられないために、無線LANルーターを使う人が増えていますが、キャリアの速度よりも高速な状態を安定させるためにはルーターがよく冷えるように、風通しの良い場所に設置すべきです。