SSDの価格について

SSDはハードディスクに並ぶパソコンなどの外部記憶装置として、多くの人々が広く利用しています。
価格は開発メーカーによる差がそれほど無く、PCショップなどで特価販売される時を狙えば、安く購入することが可能です。
SSDでRAIDを組みたいと考えた場合、速度はハードディスクでRAIDを組んだ時よりも遥かに高速に動作させることが可能ですが、一台当たりの価格が高いため、総額としてはハードディスク構成よりも高価になってしまいます。
SSDの欠点は、価格が高いこととハードディスクよりも容量が少ないことです。
近年では、SSDを統合したハードディスクドライブが開発・販売されており、この問題を解消しつつあります。
最近のパソコンの標準構成は、ソリッドステートドライブとハードディスクの組み合わせが主流であり、ソリッドステートドライブが一台であれば、パソコン本体の値段はそれほど高くはありません。
この構成の利点は、SSDでシステムを構成して起動や基本的な動作を高速化することができ、ハードディスクでデータ部分の容量を十分に確保することが出来ることです。
また、複数のソリッドステートドライブを導入するよりもコストを下げることが出来るのも利点です。