SSD/HDDの比較

SSD(Solid State Drive)とは、半導体で作られた記憶装置です。HDDのようにヘッドをもたないため、機械的な動作がなく高速に動作可能です。機械的な部品の使用がないため振動などにも強く、軽く、モバイル端末の記憶装置として有効になります。最近のノートパソコンには、SSDのみのノートパソコンもあり、今後、軽量化のノートパソコンでは、HDDにとって代わると考えられます。

一方、HDD(Hard disk drive)は、磁気ヘッドを移動させて、データにアクセスするため、機械的な動作を伴いますので、SDDに比べてアクセススピードは遅くなります。そして、データへのアクセスが遅くなるため、利用者にとっては、レスポンスが遅いと感じます。なお、Hard disk driveは、記憶容量がSSDに比べて安価でかつ大容量に出来るため、ホストコンピューターや、データベース・サーバーの記憶装置としては、有効な記憶装置として利用され続けると考えられます。

以上概観しますと、SSDの利用目的は、パーソナルユースや、高速アクセス用の記憶装置としての利用が期待されます。尚、SSDについて歴史は古く、ホストコンピューター時代に高速ようの記憶装置として、活躍していました。