外付けSSDを活用する

パソコンの外部記憶装置には長らくハードディスクが主流でした。
大容量であり、RAIDを組むことで信頼性と速度を高めることが出来るためにシステムが組みやすいという理由で使われています。
しかし、ハードディスクはモーター駆動という機械的な部分を持っているため、衝撃を吸収するように設計されていないと衝撃に弱く、経年劣化によるモーター軸やプラッタの摩耗によってハードディスクの故障に繋がります。
SSDはフラッシュメモリの技術を応用して作られた記憶装置です。
小型でハードディスクよりも読み書きが高速で耐衝撃性が高いことが特徴であり、近年ではノートパソコンやスマートフォンやタブレット端末などのモバイル端末に採用されています。
ハードディスクにはモバイル用のハードディスクが販売されていますが、同様に外付けのSSDも販売されています。
外付けのSSDは耐衝撃性があるので、持ち運びに便利です。
USBメモリよりも高速な読み書きができ、UNIX系のOSであれば、起動ドライブとしての利用も可能です。
そのため、外付けSSDを起動ドライブにし、ハードディスクをデータ専用ドライブとして使用するユーザーが増えています。
一般的には2.5インチのハードディスクの大容量は必要が無く、衝撃に強く、ある程度容量が確保されていれば良いと考えて、SSDを選択する人が多いです。